Oita Sound Creator協会
ホーム 協会紹介 会則 会員 リンク

会 則

第1条
本会の名称をOita Sound Creator協会とし、事務局を事務局長宅に置く。
第2条
本会は、大分在住、大分出身の作曲家、音楽制作・作曲に携わる者、及び志すもの並びに会の主旨に賛同するものをもって組織する。
第3条
本会は、音楽制作・作曲活動を通して大分の音楽文化、及び大分内外の文化に貢献することを目的とする。
第4条
会員は、第2条に該当するものをもって会員とし、会員と学生会員をおく。会員は、緊密に連絡・協力することによって、会の発展・向上に寄与しなければならない。
第5条
本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行なう。
 1.音楽会、講演会、研修会などの開催。
 2.音楽制作活動。
 3.広報活動(HP)。
 4.会員相互の連絡、親睦、大分内外団体との交流。
 5.その他会の目的達成に必要な事業。
第6条
本会に次の役員を置く。
 1.会長:1名
 2.副会長:1名
 3.事務局長:1名
 4.会計:1名
第7条
役員の任期は2年とする。
第8条
役員の服務は、次の通りである。
 1.会長は会を代表し、会務を統括する。
 2.副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはその任務を代行する。
 3.事務局長は会の事務を統括する。
 4.理事は会の運営にあたる。
第9条
会長は会員から選出する。(但し、学生会員は除く。)
第10条
副会長、事務局長は、会長を含む理事会で推薦し総会の承認を得る。
第11条
理事は会員から選出する。
 1.理事の選出に必要な選挙施行規則を別に定める。
第12条
役員会は、会長、副会長、事務局長、理事をもって構成する。
第13条
役員会は、総会に次ぐ議決機関とし必要に応じて開催する。
第14条
総会は、毎年定期に1回開催し、会の運営に必要な事項を審議する。
第15条
総会は、会員の過半数をもって成立する。
第16条
本会の経費は、会費およびその他の収入による。
第17条
本会の会計を監査するために、会計監査を2名置く。
第18条
会計監査は、役員会で推薦し総会の承認を得る。
第19条
本会の会計年度は、毎年4月1日より3月31日までとする。

【細則1】入会、会費について
1.会費は年額5,000円とし、年度初めに納入する。学生会員については、年額3,000円とする。
2.入会費は、2,000円とし、入会時に納入する。学生会員については、1,000円とする。
3.本会の会員になるには、2名の会員の推薦により、所定の入会届けを提出し、いずれも総会の承認を得なければならない。
【細則2】選挙施行について
第1条 会則第8条1項、第10条1項に基づく会長、理事および役員選挙の施行については、この細則の定めるところによる。
第2条 会長の選出は全会員の直接無記名(2名連記)により、有効得票の多数により決める(同じ得票数の場合は理事の会議により決める。)
第3条 会長選出に必要な事務は選挙管理委員が行う。
第4条 選挙管理委員は、事務局長が任命する。
付則
本会則、2005年4月1日より施行する。